スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★★★☆☆ ザ・サード -蒼い瞳の少女- The Third: the girl with the blue eye 

ザ・サード 〜蒼い瞳の少女〜 The Third ~the girl with the blue eye~
【ストーリー】
過去の大戦によって荒廃した砂の惑星。そこは、額に赤い瞳・天宙眼を持ち、コンピュータシステムなどを直接操作できる、すぐれた力を持つ「ザ・サード」と呼ばれる者たちに統治されていた。科学技術を『テクノスタブー』によってザ・サードたちに管理されていたが、わずかに生き残っていた人々はたくましく生きていた。

そんな世界に、その驚異的な抜刀術からソード・ダンサーと呼ばれ、殺し以外なら何でもやるという“なんでも屋”の少女・火乃香(ほのか)がいた。彼女は頼もしい砂上戦車の相棒・ボギーと行動を共にしている。

ある夜、彼女は、砂漠で不思議な雰囲気の一人の青年イクスと出会う。

【Plot Summary】
With the help of an artificially intelligent tank called Bogie, Honoka attempts to make a living as a jack of all trades for hire in a future devastated by war and full of over-sized insects that plauge the sands between towns. One day in her travels she comes across a strange man alone in the desert, but rescuing him has consequences and brings unwanted trouble her way.

【サブタイトル】
01 ソード・ダンサー Sword Dancer
02 慌しい一夜 A Busy Night
03 砂漠の街 Town of the Desert
04 青い殺戮者(ブルーブレイカー) Blue Breaker
05 蒼い天宙眼 The Blue Space Eye
06 大地に吹く風 The Wind that Blows Towards the Earth
07 夜明けまで Straight until Dawn
08 エンポリウムの午後 Emporium's Afternoon
09 パイフウ Paifuu
10 砂漠の墓碑 Desert's Tombstone
11 幻影との戦い Battle With A Phantom
12 それぞれの理由 Respective Reasons
13 砂漠の伝説 Desert's Folklore
14 妖精幻視 Fairy Visions
15 砂嵐の夜 Night of the Sandstorm
16 乱舞する生命 Boisterous Dancing Life
17 ローナ・ファウナ Rona Fauna
18 発動 Invoke
19 強行突破 Bulldozing Through
20 死線を越えて Crossing The Point Between Life And Death
21 届かぬ思い Feelings That Won't Reach You
22 還らざる魂の蜃気楼 Mirage Of A Past Soul
23 鋼の谷へ To The Steel Valley
24 これから始まる物語 The Story Starts From Now

【主題歌】
OP: 砂上の夢
佐々木ゆう子

1-12ED: アイエヌジー
超飛行少年

13-24ED: レイトショー
超飛行少年

22IS: Private Wars
佐々木ゆう子

【オフィシャルウェブサイト】
http://www.kadokawa.co.jp/thethird/
http://www.wowow.co.jp/anime/third/(WOWOW ONLINE)

【コメント】
なぜか惹かれる。人が、どこか外につながっていたい、と思うのは、息抜きのためなのかもしれない。砂漠にいけば、そこには外の世界と自分だけ。自然にしか宿らない深い感慨と、同時に存在する虚無感がだけがある。すべてがただあるようにあるだけ。それが難しい世の中だから、そんな場所を求めてしまうのかもしれない。火乃香のいる砂漠が、そんな場所につながっているような気がした。




【歌詞】



砂上の夢

作詞 岩里祐穂
作曲 大橋恵
編曲 大橋恵
歌 佐々木ゆう子

これほど傍にいるのに伝えられず
強く思うほど言葉が見つからない

カナシイのは運命じゃなくて
出逢いのすべてに終焉(おわり)があること

未完なるもの
目覚めよ 夜を越えたら
砂漠の果てに
真実が待ってるよ きっと

東の空にその日が舞い降りても
秘めた誓いを汚すことは出来ない

守る人が胸にいる時
初めて誰もが強くなれるなら

君を求めて愛のために闘うよ
君を愛して手放せない自由なんてない

産声あげた小さな願いよ
砂上の夢に終わらせたりしない

未完なるもの
目覚めよ 夜を越えたら
砂漠の果てに
真実が待ってる

あなたを求めて愛のために闘うよ
君を愛して手放せない自由なんてない



アイエヌジー

作詞 小林光一
作曲 超飛行少年
編曲 超飛行少年
歌 超飛行少年

初めて気づいたんだ 不意打ちに似たそのセリフで
こじ開けられた第六感 この感覚をずっと待っていた

心を開いて ただ開いて 第三者の声受け入れる
ひたすらこらえて ただこらえて 非難のページも開けてみる

等身大の僕は ここに置いていくよ
新しい皮膚を探しに行くから
柔軟な文明は いつだって日進月歩
君と夢も現在進行

偶然と言えば偶然だ 必然と言われればそれまでの通過点達
やり過ごす事ばっかり覚えて 一本の線も結べずにいた

嫌いな人には嫌いと君って 君にはさよならを言って
うまくやっていこう うまく生きてこう 損ばっかりはもう御免だ

等身大の僕は ここに置いていくよ
もう何と言ってくれても結構だ
なんて単純だ 進化したいという衝動
君の中にも眠っているんだろう?

等身大の僕は ここに置いていくよ
新しい皮膚を探しに行くから
柔軟な文明は いつだって日進月歩
君と夢も現在進行

君と僕も現在進行

アイエヌジー

アイエヌジー



  • 超飛行少年

  • J-Pop

  • ¥250


  • provided courtesy of iTunes





レイトショー

作詞 小林光一
作曲 超飛行少年
編曲 歌 超飛行少年

朝を待っている交差点が 迷い込んだ捨て猫を抱いている
赤と青と黄色 それはただ優しい
明け方過ぎに降り止んだ 小雨が作った水のスクリーンが
乾くその時まで それはただ優しい

そんな小さな偶然よりも君がそこに居ることが
小さいはずがないと思うんだ 当たり前なんだけど

誰も居ないと悲しい事でしょう
さあ陽の当たる場所へ出ておいで
君が思う程世界は暗くないんだよ
本当は分かってると思うけど

朝を追い出した交差点が 迷い込んだ誰かと話をする
赤と青と黄色 それはただ優しい
人には言えない秘密よりも 人には言えないという事が
ずっと君を苦しめてく たぶんそんな話

捨てられたかどうかなんてさ 捨てた方が決める事
今までよりずっと自由になれただけの事でしょ

誰も居ないと悲しい事でしょう
さあ陽のあたる場所へ出ておいで
君を困らせるいくつかの出来事も
昨日以前の偶然なんだよ

誰も居ないと悲しい事でしょう
さあ陽のあたる場所へ出ておいで
君を困らせるいくつかの出来事も
昨日以前の偶然なんだよ

本当は分かってると思うけど

レイトショー

レイトショー



  • 超飛行少年

  • J-Pop

  • ¥250


  • provided courtesy of iTunes



スポンサーサイト

Comments

Comment Post










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。