スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★★☆☆☆ ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ Druaga no Tou / The Tower of Druaga ~the Aegis of URUK~ 

ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ Druaga no Tou / The Tower of Druaga ~the Aegis of URUK~
【シリーズ】
第一期 ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 
第二期 ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 

【ストーリー】
アヌの夏—。
五年に一度だけ訪れるこの時期は、天上のアヌ神の加護により、
塔内の魔物は皆ひとしくその力を失ってしまう。

ギルガメシュ王により建国されたウルク国は、北方に「塔」の復活を確認すると、出現した魔物の征討を理由に「塔」内部への侵攻を開始。以来このアヌの夏の到来を見計らい、上層階への進撃を目標に塔内に拠点を作り続けてきた。

嘗て、ドルアーガの塔を彩った勇者ギルと巫女カイの物語が伝説として伝承された八十年後の世界……。
ついに三度目のアヌの夏が訪れようとしている。

塔内第一階層に最初に建設された拠点「塔内都市メスキア」は、塔と共に復活を遂げたと目されるドルアーガ討伐の為、三度目の出征に備えるウルク国軍と、塔最上階に眠るという伝説の秘宝「ブルークリスタルロッド」の噂を聞きつけた冒険者たちで賑わっていた…。

【Plot Summary】
The Summer of "Anu": In a summer once every five years, demons in the mysterious Tower of Druaga lose their powers due to the magic spell cast by a god named "Anu". King Gilgamesh, ruler of the kingdom Uruk, uses the appearance of demons as an excuse to invade the tower and find out the construct's secrets. As 80 years passed, the Uruk army managed to fight back the demons and built a fortress city and safe haven on the very first floor of Druaga - Metz Kier. Thus begins the story of a warrior named Jil who, finding companions along the way, embarks on a quest for the fabled Blue Crystal Rod, a powerful artifact rumored to be in the highest floor of Druaga. However, other competitors, including the kingdom of Uruk itself, want the treasure, all for their own reasons.

【サブタイトル】
01 ドルアーガの巨塔 The Giant Tower of Druaga
02 ジルの冒険 Meskia, City Within the Tower
03 塔内都市メスキア Before Departure
04 旅立ちの前に Band of Hands
05 ジウスドラの罠 Ziusudra's Trap
06 雷光の架け橋 Bridge of Lightning
07 片羽と踊れ Dance with a One-Winged Dragon
08 伝説の塔 The Tower of Legend
09 イレブンナイン Eleven Nine
10 夏の終わりに The End of Summer
11 ただ一枚の盾として One Solitary Shield
12 YOU ZAPPED TO ... 

【主題歌】
OP: SWINGING
作詞・作曲:トシヒロ
歌:ムラマサ☆

ED: 塔頂者たち
作詞:山田ひろし
作曲・編曲:渡部チェル
歌:KENN

【オフィシャルウェブサイト】
http://www.druaga-anime.com/story_1st.html

【コメント】
全部見てなくて言い切れないですが、王道じゃあなかった、がっくり。これはこれで先が見えなくて面白いのかもしれない。ただ最後まで気になってみるというほどのこともなかったけれど・・・、人によるかな。






SWINGING

作詞 トシヒロ
作曲 トシヒロ
編曲 歌 ムラマサ☆

モノクローム この僕を照らしてカラフルに
まるで年老いた チークダンス
いつかのどこかの 映画で見たみたい
ダンスフロアーのエンドロール

swinging swinging
色とりどりに染まる この世界に

夢の中で君と踊るよ つないだ手は離さないで
光に溶けた君の笑顔に 溺れそうな僕は
笑って踊る 光の中

モノクローム この僕を照らしてカラフルに
まるで年老いた チークダンス
いつかのどこかの 映画で見たみたい
ダンスフロアーのエンドロール

swinging swinging
色とりどりに染まる この世界に

星が降れば君が笑い出すよ 思い出には戻らないで
夢の中で約束するよ 涙も全部僕が
集めて君を 笑顔にする

swinging swinging
色とりどりに染まる この世界に

このまま…

春が来れば 肩を寄せ歩こう
夏が来れば 笑顔になろう
秋の空に 冬を探そう
こぼれ落ちた吐息も
このままに『描く』ふたりのまま

このままに『描く』ふたりのまま

SWINGING

SWINGING



  • ムラマサ☆

  • ロック

  • ¥150


  • provided courtesy of iTunes





塔頂者たち

作詞 山田ひろし
作曲 渡部チェル
編曲 渡部チェル
歌 KENN

ボクらは、
ただ見上げてるだけじゃない

誰もが あの頂を目指すため
世界(ココ)へひとり
またひとりやって来る

ボクらは 「信じる」というザイルだけ
強く 握り締めて
今 手を伸ばすのさ

未来の位置を
示す光さえ見つけたら
盾なんかもう いらない

走れよ 走れよ
ボクの勇気たち
届けよ 届けよ
あの空まで

君とボクの道が
交わるその場所へ
ただひとつの答
掴み取れる場所へ

あの頃 遙かな空へ投げた夢
時を 越えて
ボクの手に落ちて来た

小さな 手のひらじゃ登れなかった
高く 硬い壁も
今 越えてゆけるさ

夢の名前を
胸に刻んだら 駆け抜けろ
言い訳はもう いらない

走れよ 走れよ
ボクの鼓動たち
叩けよ 叩けよ
あの扉を

闘う事だけが
強さなんかじゃない
信じ抜ける 強さ
輝きに変えよう

誰もがきっと
夢の頂を 登ってく
ボクたちも そのひとり

何度も 何度も
叩きつけられて
大地に背中を
砕かれても

走れよ 走れよ
ボクの勇気たち
届けよ 届けよ
あの空まで

君とボクの道が
交わるその場所へ
ただひとつの答
掴み取れる場所へ

星に届くまで
スポンサーサイト

Comments

Comment Post










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。