スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★★★★★ 秒速5センチメートル 5 Centimeters Per Second 

http://5cm.yahoo.co.jp/index.html
【ストーリー】
小学校の卒業と同時に離ればなれになった、
遠野貴樹(とおのたかき)と篠原明里(しのはらあかり)。
二人だけの間に存在していた特別な想いをよそに、時だけが過ぎていった。
そんなある日、大雪の降るなか、貴樹は明里に会いに行く……。

中学生の貴樹と明里の再会の日を描いた「桜花抄」
その後の貴樹を、彼に恋する少女の視点から描いた「コスモナウト」
音楽と、彼らの魂の彷徨を切り取った「秒速5センチメートル」

実らなかった男女の初恋を描く、a chain of short stories about their distance。

【Plot Summary】
A tale of two people, Tono Takaki and Shinohara Akari, who were close friends but gradually grow farther and farther apart as time moves on. They become separated because of their families yet continue to exchange contact in the form of letters. Yet as time continues to trudge on, their contact with one another begins to cease. Years pass and the rift between them grows ever larger. However, Takaki remembers the times they have shared together, but as life continues to unfold for him, he wonders if he would be given the chance to meet Akari again as the tale embarks on Takaki's realization of the world and people around him.

【サブタイトル】
01 桜花抄 (おうかしょう) Cherry Blossom Extract
02 コスモナウト Cosmonaut
03 秒速5センチメートル 5 Centimeters Per Second

【主題歌】
One more time, One more chance
歌:山崎まさよし

【オフィシャルウェブサイト】
http://5cm.yahoo.co.jp/index.html

【コメント】
描写が細かくて、思春期の男女の恋を良く観察してあるなって、感心しました。




【歌詞】

Trailer


コスモナウト Cosmonaut Ed


秒速5センチメートル 5 Centimeters Per Second


One more time, One more chance

アーティスト 山崎まさよし
作詞 山崎将義
作曲 山崎将義

これ以上何を失えば 心は許されるの
どれ程の痛みならば もういちど君に会える
One more time 季節よ うつろわないで
One more time ふざけあった 時間よ

くいちがう時はいつも 僕が先に折れたね
わがままな性格が なおさら愛しくさせた
One more chance 記憶に足を取られて
One more chance 次の場所を選べない

いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
向いのホーム 路地裏の窓
こんなとこにいるはずもないのに
願いがもしも叶うなら 今すぐ君のもとへ
できないことは もう何もない
すべてかけて抱きしめてみせるよ

寂しさ紛らすだけなら 誰でもいいはずなのに
星が落ちそうな夜だから 自分をいつわれない
One more time 季節よ うつろわないで
One more time ふざけあった 時間よ

いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
交差点でも 夢の中でも
こんなとこにいるはずもないのに
奇跡がもしも起こるなら 今すぐ君に見せたい
新しい朝 これからの僕
言えなかった"好き"という言葉も

夏の想い出がまわる Uh…
ふいに消えた鼓動

いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
明け方の街 桜木町で
こんなとこに来るはずもないのに
願いがもしも叶うなら 今すぐ君のもとへ
できないことは もう何もない
すべてかけて抱きしめてみせるよ

いつでも捜しているよ どっかに君の破片を
旅先の店 新聞の隅
こんなとこにあるはずもないのに
奇跡がもしも起こるなら 今すぐ君に見せたい
新しい朝 これからの僕
言えなかった"好き"という言葉も

いつでも捜してしまう どっかに君の笑顔を
急行待ちの 踏切あたり
こんなとこにいるはずもないのに
命が繰り返すならば 何度も君のもとへ
欲しいものなど もう何もない
君のほかに大切なものなど
スポンサーサイト

Comments

Comment Post










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。