スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★★★★☆ イリヤの空 UFOの夏 Iriya no Sora, UFO no Natsu 

イリヤの空 UFOの夏 Iriya no Sora, UFO no Natsu
【OVA】
夏休み最後の夜、せめてもの思い出にと、浅羽直之は学校のプールへと忍び込む。
が、そこには伊里野加奈と名乗る、見慣れぬ不思議な少女がいた。

翌日始業式の日、浅羽のクラスに伊里野が転校生として編入してきた。
他人とのコミュニケーションが苦手でクラスから孤立していたが、浅羽には不思議と心を開く。

伊里野の兄貴分と自称する謎の男が現れたり、頻繁に校内放送で呼び出されては姿を消したり、彼女の周囲に垣間見える幾つもの奇妙な謎。そんな伊里野のことが気にかかる浅羽。伊里野の秘密は、ここ園原の軍事基地のUFO騒動と何らかの関係があるのだろうか?

やがて特殊戦闘機「ブラックマンタ」の存在を通じて、彼女の背負う過酷な運命が明らかになってゆく。少年ののUFOの夏は、その終焉に向けて静かに動き出した。

【Plot Summary】
Asaba Naoyuki is an ordinary high school student. As a member of his school's press club, he's just spent the summer camping outside the local military base, in hopes of seeing the UFOs that are secretly kept there, according to local legend. Returning to school, he meets a strange girl, Iriya Kana, and gradually comes to realize that she is more than merely strange - and that a dark secret lies beneath the world that he knows.

【サブタイトル】
01 第三種接近遭遇 Close Encounter of the Third Kind
02 ラヴレター Love Letter
03 十八時四十七分三十二秒 18:47'32"
04 水前寺、応答せよ Suizenji, answer me!
05 最後の道 The Last Road
06 イリヤの空、UFOの夏 Sky of Iriya, Summer of UFO

【主題歌】
OP: Forever Blue
歌: 今井ちひろ
作詞・作曲: 松浦有希
編曲: 高木洋

ED: ひまわり
歌: 今井ちひろ
作詞: 青柳美奈子
作曲: 表誠治
編曲: 高木洋

【オフィシャルウェブサイト】
http://www.toei-anim.co.jp/animeister/iriya/

【コメント】
最初はなんとなくありきたり学園ラブなのかと思ったけど、なんだか最後は泣けてしまいました。二人がダンスするときと、イリヤが、最後に行ってしまった時ですね。シビアな話だったんです。




【歌詞】



Forever Blue

作詞 松浦有希
作曲 松浦有希
編曲 高木洋
歌 今井ちひろ

悲しみに 試されるたび 少しずつ 強くなってく
ありふれた毎日の中 夢のつづき 追いかけて

歩きつかれて 見上げた空 深く どこまでも Blue
ちっぽけな自分 抱きしめて それでも 進んでく

あなたに会いたい 笑顔を伝えたい
あなたがいるから 光が生まれるの

遥かなる 優しい調べ 遠い宇宙 越えて届くの
胸の奥 かけがえのない 甘い痛み 満ちていく

耳を澄ませば 聴こえる声 そっと 目覚めてく Truth
曖昧な心 脱ぎ捨てて まっすぐ 駈けだそう

求め合う想いが ひとつになるとき
言葉にできない いとしさ あふれてく

傷ついた季節はやがて 永遠の夏に変わるの
温もりをつないでいてね ずっとそばで みつめてる

悲しみに 試されるたび 少しずつ 強くなってく
大丈夫 守り続けたい 大事なもの 見つけたの

ひまわり

作詞 青柳美奈子
作曲 表誠治
編曲 高木洋
歌 今井ちひろ

黄昏に流れ出した
制服の群れに
逆らうよに 自転車の
ペダル 思いきり踏んだ

放課後のグランドの脇
金網をくぐって
去年 見つけた ひまわりは
去年より 誇らしげに
空を見上げてた

折れないように 枯れないように
涙に出来たなら
明日は何かが変わるかな
雨降る日は 雨に揺れる
あの ひまわりみたいに
まっすぐ 背を伸ばして
今日は揺れていたって、いいよ

自転車に ひとりきりで
やっと乗れた日は
繰り返した すり傷の
数だけ 嬉しかったね

泣きたいのに 泣けなくなる
こと 大人と言うの?
顔をそむけた ひまわりは
咲けなくて 咲けないまま
そっと閉じてゆく

折れないように 負けないように
涙 流せたなら
明日は今日より笑えるね
風吹く日は 風に吹かれ
咲く ひまわりみたいに
うつむかない気持ちで
私らしく揺れてて…

折れないように 枯れないように
涙に出来たなら
明日は何かが変わるかな
雨降る日は 雨に揺れる
あのひまわりみたいに
まっすぐ 背を伸ばして
今日は揺れていたって、いいよ
スポンサーサイト

Comments

Comment Post










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。