スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★★★★☆ 吟遊黙示録マイネリーベ Ginyuu Mokushiroku Meine Liebe  

吟遊黙示録マイネリーベ Ginyuu Mokushiroku Meine Liebe
【シリーズ】
第一期 吟遊黙示録マイネリーベ Ginyuu Mokushiroku Meine Liebe
第二期 吟遊黙示録マイネリーベ wieder Ginyuu Mokushiroku Meine Liebe wieder

【ストーリー】
ヨーロッパのとある島国に集う若き5人のエリート、“シュトラール”たちの青春白書 。

時は1935年、世界が戦乱の兆しを感じ始めていた時代。舞台は、ヨーロッパの大西洋に囲まれたクーヘン王国にある、若きエリートたちが集う全寮制の名門校「ローゼンシュトルツ学園」。その学園の頂点に立つべく選ばれた5人の“シュトラール(使長候補生)”たち…。

オルフェレウスは、二年前に最愛の姉を亡くしており、未だにその傷を負っていた。誠実な人柄で、国を良くしたいという理想のためにローゼンシュトルツ学園に入学した。エドとは無二の親友であり、ルーイとはその意見・考え方の違いから衝突が絶えなかった。

さまざまな対立や反乱の中で繰り広げられる国家転覆の陰謀劇と、クーデター。
クーヘン王国の将来をになったエリート青年たちの友情と苦悩が描かれている。

【Plot Summary】
In Kuchen, an island off the edge of Europe, there exists an elite boarding school: The Rosenstolz Academy. Meine Liebe explores the lives of five students who are Strahl (or scholars who aid in protecting the kingdom) candidates.

【サブタイトル】
01 誇り Pride
02 醜聞 Scandal
03 蕾み Flower Bud
04 異国 Foreign Country
05 孤高 Hauteur
06 任務 Devoir
07 笑顔 Cheerful Faces
08 手段 Tactics
09 鏡像 Mirror Image
10 濁乱 Turbidity
11 現実 Reality
12 廃墟 Wreakage
13 理念 Intellection

【主題歌】
OP: 刻印
歌:can/goo
作詞:TAPIKO
作曲:POM

ED: 顔
歌:can/goo
作詞:TAPIKO
作曲:POM

【ウェブサイト】
http://animejapan.cplaza.ne.jp/b-ch/meineliebe_tva/meineliebe_tva.html
http://www.hakusensha.co.jp/meineliebe2/

【コメント】
すごい美けいぞろいだけど、話は政治色。ストーリー面白かったです。原画が由貴香織里さんか、納得。




【歌詞】



刻印(しるし)

作詞 TAPIKO
作曲 POM
編曲 時乗浩一郎、can/goo
歌 can/goo

忘れられない過去があるんでしょう
でも忘れたい罪があるんでしょう

選んできた足跡
消し去れない生きた証

忘れられない恋があるんでしょう
でも忘れたい人がいるんでしょう

カラダに残る傷跡
すべてを許した刻印(しるし)

ココロだけじゃ生きられないから
もがいてばかり あとどれくらい
泣いて泣いてまた泣けばいいの
夜を越えて日常の日々に
なんでもない顔して また逃げ出していくの

あの人はきっと憶えてる
記憶の中であたしは生きている

どうせ取り戻せないなら
満たされない月を抱いて

壊すことが始まりと言うなら
限りの向こう これからきっと
越えて越えてまた越えていけよ
“さよなら”と自分で塞いでいた
振り乱したっていい やり直すんじゃなくて

この道の生きていく先には
出会いだって別れだって
増えて増えてまた増えていくよ
刻み付けていこう 在りのまま
この世に生まれたこと
いつか誇れるように

あたしを誇れるように・・・



作詞 TAPIKO
作曲 POM
編曲 時乗浩一郎、can/goo
歌 can/goo

誰にも見せない顔を
あたしだけに見せる君を
確かめながら探している

眠りに落ちる顔に
甘えてみせる君に
触れたいこの手 握り締める

迷い惑い 見つめているよ

☆変わっていく君の顔に
 ココロが揺さぶられている
 でもいつか仮面の下の
 傷だらけの君 守りたいの
 隠せない夜が来るから
 急かすように求めている
 いつまででも ただ傍にいるよ
 あたしだけ見つめてくれるまで

物分かりの良い顔で
どこまで見せよう君に
覚悟はしているつもりだけど

今は君を苦しめるかな

翳っていく君の顔が
この胸を締め付けている
問い詰めたい気持ちは今日も
行き場を失くして消えていくの
叶わない夢かもなんて
卑屈な顔は見せられない
ココロをね 映す鏡だから
苦しみで 終わらせはしないさ

☆Repeat
スポンサーサイト

Comments

Comment Post










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。